FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

2011.12.22 (Thu)

2012年 ファストフード予測、バーガーバブル崩壊?

チキンメニューとグルメバーガーの時代?2012年のファストフード予測

米ハンバーガー・チェーンに関する専門ブログ「バーガー・ビジネス・ドットコム」によると、2012年のファストフード店のメニューは、風味にバラエティのあるフライドポテト、手作りマヨネーズのような凝った調味料、そしてチキンメニューの充実やさらにグルメ化するプレミアム・バーガーといったところがトレンドとなりそうだ。

 中でも価格面で牛肉の高騰と鶏むね肉の下落がファストフード市場に大きな影響を与え、すでに出回っているチキンサンド類やチキンを使ったメニューがいっせいにリニューアルするという。大手ファストフード・チェーンをざっと見渡しても、この予測はなかなか当たっていそうだ。

 例えば米ウェンディーズ(Wendy's)では「プロジェクト・ゴールド・チキン」と称した計画を立ち上げてチキンメニューの見直しを進めており、来年はチキンを使った新メニューが数多く登場するという。米マクドナルド(McDonald)は自社のから揚げメニュー、「チキンマックナゲット」をケンタッキー・フライド・チキン(Kentucky Fried Chicken、KFC)の「ポップコーンチキン」風につまめるサイズにしたボックスメニュー、「Chicken McBites」を1月から販売開始する。バーガーキング(Burger King)は今年すでに、チキンメニューの「BKテンダーズ」をリニューアルしている。

 もうひとつ、ここ数年、独立店舗系のハンバーガー市場を席巻してきたグルメ系のプレミアムバーガーに、2012年は大手チェーンもついに手を伸ばし、サンドイッチではこれまでの壁だった1個5ドル(約400円)を超えるものが登場したり、バーガーコンボは8ドル(約620円)程度まで上限が上がりそうだ。

 しかし、グルメバーガーについては異なるトレンド予測もある。例えばニューヨークのコンサルタント会社「バウム + ホワイトマン(Baum + Whiteman)」は、数週間ごとに新しいハンバーガーチェーンが開業し、客を奪い合っている今の過熱した状況からみて、高級バーガーに対する需要は2012年にはかげり始め、13年には「バーガーバブルは崩壊」するだろうと予想している。(c)Relaxnews/AFPBB News

>>AFP BB News 20111130
スポンサーサイト

テーマ : 食品・食べ物・食生活 - ジャンル : ライフ


野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

タグ : ファストフード ウェンディーズ マクドナルド バーガーキング


2011.12.14 (Wed)

福岡県北九州市 すし店のヒラメ寄生虫で16人が食中毒

ヒラメ寄生虫で食中毒 北九州市 県内初確認

北九州市は13日、小倉北区のすし店が調理したヒラメのにぎりずしを9日に食べた29-70歳の男女16人が嘔吐(おうと)や下痢などの症状を訴え、クドア・セプテンプンクタータという寄生虫を検出したと発表した。県内でこの寄生虫が原因と断定された食中毒例は初めて。

 市によると、16人は小倉北区の病院であった会議の昼食で折り詰めずしを食べた。病院の冷蔵庫に残っていた折り詰めずしのヒラメや、すし店に残っていた折り詰めずしに使ったヒラメなどからクドア・セプテンプンクタータが検出された。

 クドア・セプテンプンクタータはヒラメに寄生することが確認されており、一定の量以上がいるヒラメを食べると食中毒を起こすという。

 16人は全員快方に向かっているという。

>>西日本新聞 20111214

テーマ : 食品・食べ物・食生活 - ジャンル : ライフ


野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

タグ : 福岡県北九州市 すし ヒラメ 寄生虫 食中毒


2011.12.13 (Tue)

食品業界が恐れる空気経由汚染

明治粉ミルクからセシウム  業界が恐れる“空気経由”汚染

明治の粉ミルク「ステップ」から、1キログラム当たり最大で30.8ベクレルの放射性セシウムが検出された。福島第1原子力発電所事故直後の3月14日から20日のあいだに、埼玉県春日部市の工場で生産された製品からの検出で、明治は対象製品40万缶を無償交換することを決めた。

 対象製品から検出されたセシウムは、国が定めた乳製品の暫定規制値の1キログラム当たり200ベクレル、乳児用ミルクに使う製品の同100ベクレルをも下回る。だが、当該製品はすでに多くが消費されてしまっており、乳児を持つ母親への心理的なダメージは大きい。

 問題点は二つある。まず、明治が3月の原発事故以降、自社で設けていた放射性物質検査の網の外で汚染が発見されたこと。明治は、1ヵ月に1回程度、缶封入前の製品の抜き取り検査を行っていた。だが、今回は福島県二本松市のNPOが製品を独自に検査し、通報した結果を受け、明治が該当製造日付近の在庫を調べて汚染が判明した。

 野菜や肉などの1次産品以外の加工食品に対する放射性物質検査は、現時点では国による明確な手順が定められていない。多くのメーカーが独自の検査体制を敷いているが、詳細は各社の判断に委ねられているのが実情である。

 たとえば、同じ粉ミルクメーカーの和光堂では、3~4日の製造単位ごとに検査を行っている。

 もう一つの問題点は、今回の汚染経路が「空気」の可能性があるということだ。

 明治によれば、粉ミルクの原料となる脱脂粉乳や乳清などの原料は、震災前に北海道や米国で生産されたものであり、汚染されていた可能性は考えにくい。

 問題の製品が生産された時点の空間放射線量は測っていないが、「液体にした原材料に熱した大量の空気を吹き付けることで粉にする工程で、外気の取り込み口にフィルターを付けていたが、放射性物質を除去する仕様にはなっていなかった」(明治)。製造工程を検証すると、消去法で空気が汚染経路である可能性が浮かび上がる。

 詳細な経路の特定は今後も進められる見通しだが、もし本当にそうであれば、事は明治や粉ミルク業界にとどまらない。同様の乾燥工程を持ち、かつ外気の空間放射線量が高かった時期に工場を稼働させたすべての食品工場で、こうした例が出てもおかしくない。

 原発事故以降の放射性物質の飛散状況が明確にわかっていないなか、すべての汚染を水際で食い止めることは非常に困難だ。しかし、食品は直接口に入るものである。その安全確保は、食品企業の経営の根幹であるはずだ。森永乳業、雪印メグミルク、和光堂など粉ミルク業界のみならず、食品企業を挙げて、早急に検査体制の一本化および強化を図る必要がある。

 (「週刊ダイヤモンド」編集部 鈴木洋子)

>>週刊ダイヤモンド

大気、土壌が汚染されている土地で地下水使用、製造した食品など当然アウト。
そう考える方が自然、みんな承知の上で製造、販売、購入しているはずです。
暫定基準値という政府お墨付きの基準があれば、今ならクリアしているでしょう。
この国の放射能だけは、ずっと安心なのです。何やら戦時中みたいですが。

テーマ : 食品・食べ物・食生活 - ジャンル : ライフ


野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

タグ : 食品 空気経由汚染


2011.12.10 (Sat)

コンビニの弁当、あなたは食べますか?

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

2011.12.09 (Fri)

宮城県仙台市 津波被害の沿岸部でカゴメ、日本IBMなど野菜生産~加工販売

被災農地に野菜工場=カゴメなど加工・流通も-仙台

 東日本大震災で津波被害を受けた仙台市沿岸部の農地で、野菜の生産、加工、販売まで手掛ける農業の「6次産業化」に着手するため、地元農業者とカゴメ、日本IBMなどは8日、同市で研究会を発足させた。付加価値の高い農業で復興を図る取り組みで、農林水産省や経済産業省、仙台市もオブザーバーとして参加。各種補助金や規制緩和などで側面支援する。

 塩害を受けた農地に野菜の栽培工場と流通・加工施設、レストランや直売所を併設するのが主な構想。被災農家や障害者、女性らを雇用する考えだ。工場で使用する電力の一部は、太陽光やバイオマスなどの再生可能エネルギーで賄う方針で、先進的な農業を担う若手の人材育成も図る。

>>時事ドットコム 20111209

テーマ : 食品・食べ物・食生活 - ジャンル : ライフ


野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

タグ : 宮城県仙台市 カゴメ 日本IBM 野菜


2011.12.07 (Wed)

明治 埼玉県春日部工場製造の粉ミルクから最大30ベクレル

粉ミルクからセシウム 明治ステップ、最大30ベクレル 40万缶無償交換へ

食品大手の明治(東京)が製造、販売する粉ミルク「明治ステップ」から、最大で1キログラム当たり30・8ベクレルの放射性セシウムが検出されたことが6日、同社の調査で分かった。詳しい混入経緯は不明だが、同社は東京電力福島第1原発事故に伴うものとみている。

 厚生労働省によると、原発事故後に粉ミルクからセシウムが検出されたのは初めて。明治は約40万缶を対象に、無償交換する方針。

 国が定める粉ミルクの暫定基準値(1キログラム当たり200ベクレル)は下回っている。乳児は大人より放射性物質の影響を受けやすいとされ、厚労省は近く新たに「乳児用食品」の基準値を設定する方針を決めている。

 明治によると、セシウムが検出されたのは賞味期限が平成24年10月4日、同21日、同22日、同24日の製品。日付は缶の底に記されている。明治は国内の粉ミルク販売シェア約4割の最大手。

>>産経MSNニュース

東日本で製造されたものは全てアウト、大気、水が汚染されていると思うのが普通。
牛肉があれだけ騒がれて牛乳が飲めるわけがない、牛より身体の小さい豚、鶏は?
東北、関東だけでも、食品関連企業は数え切れない。自分の身を守るのは自分だけ。

テーマ : 食品・食べ物・食生活 - ジャンル : ライフ


野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

タグ : 明治 明治ステップ 粉ミルク 牛乳 原乳 埼玉県春日部市


2011.12.04 (Sun)

東京都千代田区 保育所の給食牛乳 製造は宮城県 17.9ベクレル検出

東京都千代田区 給食の放射能濃度測定 11月18日

牛乳 製造所 宮城県
Cs 134 6.9Bq/Kg
Cs 137 11Bq/Kg
Total 17.9Bq/Kg

牛乳だけでこの数値、この給食を継続して健康に影響はないのでしょうか?
全国の賢いママは、もう既に、お弁当を持参しています。
お受験より、成績より、ママが心配すべきは健康ですね。

>>千代田区総合ホームページ-給食

テーマ : 食品・食べ物・食生活 - ジャンル : ライフ


野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

タグ : 東京都千代田区 給食 保育所 放射性セシウム お弁当


2011.12.04 (Sun)

アサヒビール福島工場 アサヒ本生アクアブルー、スーパードライ稼動

線量測定態勢整え再開 アサヒビール福島工場

東日本大震災で被災し製造停止したアサヒビール(東京、小路明善社長)の主力工場の一つ、アサヒビール福島工場(本宮市)は2日までにビール出荷を再開した。原発事故を受け、工場内にセシウムなど放射性物質を測定するゲルマニウム半導体検出器を導入。水や原材料を検査する態勢を整えての再開となった。
 同工場は、震災で製造ラインの建屋の壁が崩落。震災で倉庫にあった缶ビール約15万ケースが荷崩れするなど大きな被害に遭った。当初は6月中の出荷再開を予定していたが、建屋を完全に修復するまで再開を延期。ビール最盛期の夏は、全国のアサヒビール工場がビールを増産し、東北地方にビールを届けた。福島工場の従業員の多くも他工場に出向し製造体制を支えた。
 10月3日に仕込みを再開。同検出器で連日、水、原材料、貯酒ビール、製品の放射性物質検査を行い、安全な製品を消費者に届ける態勢をつくっている。
 現在はアサヒ本生アクアブルー、スーパードライの瓶とたるの3ラインが稼働。アクアブルーは発売中で、スーパードライは6日発売する。加賀美昇工場長は「最盛期に比べれば生産量はまだまだ少ないが、新しい福島工場として、消費者の信頼に応えるため、安全なビールを造っていく」と意気込む。

>>福島民友 20111204

テーマ : 食品・食べ物・食生活 - ジャンル : ライフ


野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

タグ : アサヒビール アサヒ本生アクアブルー スーパードライ


2011.12.03 (Sat)

文部科学相が釈明 給食40ベクレル以下は誤解、基準値は変わらず

放射性物質:文科相が釈明「給食40ベクレル以下は誤解」

 中川正春文部科学相は2日の閣議後会見で、学校給食の食材に含まれる放射性物質に絡んで示した「1キログラム当たり40ベクレル以下」との目安について「測定機器の機種選定の目安で申し上げた。機器の検出限界で話をした40ベクレルが独り歩きしてしまった」と述べた。学校給食で使う食材からの内部被ばくを抑える目安として受け止められたことに対し「説明に誤解があった」と釈明。「最終的には厚生労働省の基準(現行は水や牛乳200ベクレル、野菜や肉500ベクレル)に基づいて対応していくことになると思う」と述べた。

 文科省は11月30日、自治体による検査の支援事業の実施に向け、東日本の17都県の教育委員会に通知を出した。購入機種の検出限界として「1キログラム当たり40ベクレル以下」を示し、40ベクレルを超えた食品を取り除いた給食の提供などを例示。森ゆうこ副文科相は1日の定例会見で「40ベクレルを上回る食品は給食では使わないようにする方針を示したのか」との質問に「そのように考えていただいて結構です」と答えていた。40ベクレルの目安を示したのは、厚労省が内部被ばく線量の上限を現行の年間5ミリシーベルトから1ミリシーベルトに引き下げる方針で見直していることを踏まえ、200ベクレルの5分の1としたという。

>>毎日新聞 20111202

今の基準値のものなど食べ続けていたら…。数年後、健康である事の方が驚き。
直ちに影響はありません。健康に影響があるのも全員ではありません。お弁当持参しましょう。

テーマ : 食品・食べ物・食生活 - ジャンル : ライフ


野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

タグ : 学校給食 基準値 中川正春文部科学相


2011.12.03 (Sat)

【中国】コカコーラ子会社製造の牛乳 殺虫剤混入で男性死亡

コカ・コーラ子会社の牛乳飲んだ男性が死亡、殺虫剤混入 中国

 中国国営中国新聞社(China News Service)は30日、吉林(Jilin)省長春(Changchun)で先月28日、米飲料大手コカ・コーラ(Coca-Cola)が製造した飲料を飲んだ男性が死亡し、その母親が昏睡(こんすい)状態に陥ったと報じた。

 問題の飲料は、コカ・コーラ傘下のミニッツメイド(Minute Maid)が製造したストロベリー風味の牛乳。2人の症状は有機リン中毒と見られ、警察も、飲料に毒性が極めて高い殺虫剤が混入していたことを確認したという。


 市当局者もこの事実を認めたが、事件性の有無に関するコメントは避けた。

 同紙によると、市の商業・食品安全当局は調査に乗り出し、同じ銘柄の商品の回収を命じた。

 なお、コカ・コーラの中国事業の広報は、AFPの取材に対し、「極めて重大な事態だと受け止めている」と述べた上で、「同じ製品バッチのサンプルを総合的に調べたが、異常は全く見つからなかった。当社の製品はすべて安全で基準も満たしている」と強調した。捜査協力はしていくという。

 中国では、当局がたびたび食品産業の取り締まりを行っているものの、安全基準を満たしていない食品のスキャンダルが後を絶たない。

 国営メディアは先月26日、低脂肪にするために発がん性化学物質クレンブテロールを混入した豚肉が販売されていた事件に絡み、政府職員17人を含む113人に有罪が言い渡されたと報じた。主犯格には2年間の執行猶予付きの死刑判決が下されたという。(c)AFP

>>AFP BB News 20111130

テーマ : 食品・食べ物・食生活 - ジャンル : ライフ


野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

タグ : コカ・コーラ ミニッツメイド 牛乳 殺虫剤混入


 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。