04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

2012.01.10 (Tue)

最悪のシナリオ 4号機の核燃料プール倒壊

京都大学原子炉実験所助教 小出裕章氏 (1/9 )
4号機 燃料保管プールが崩壊した場合の最悪のシナリオについて

スポンサーサイト

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル : ライフ


野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

タグ : You Tube 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章氏


2012.01.03 (Tue)

MEMO 福島第一原発4号機、報道関係、猶予時間

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

2011.12.24 (Sat)

FAREWELL TO NUCLEAR POWER -A Lecture on Fukushima Daiichi by Takashi Hirose, September 11

FAREWELL TO NUCLEAR POWER -A Lecture on Fukushima Daiichi
by Takashi Hirose, September 11









テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル : ライフ


野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

タグ : You Tube


2011.12.24 (Sat)

小出裕章氏 もう、このままでは手遅れになる。国際チームを招集するべき。

京都大学原子炉実験所助教 小出裕章 2011.12.22 たね蒔きジャーナル

国が原発収束の責任を一元化し、国際チームを招集するべき。
もう、このままでは手遅れになる。

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル : ライフ


野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

タグ : You Tube 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章氏 たね蒔きジャーナル


2011.12.22 (Thu)

来年4月適用 新たな基準値でも乳児用食品が恐怖の50ベクレル

一般食品100ベクレルに厳格化 厚労省案、来年4月適用へ

 食品に含まれる放射性物質をめぐり、厚生労働省は20日、現行の暫定基準値に代わる放射性セシウムの新たな基準値案をまとめた。従来の5分類から変更することが決まっている4分類のうち「一般食品」は1キログラム当たり100ベクレル、「牛乳」と新たに設ける「乳児用食品」が同50ベクレル、「飲料水」は同10ベクレル。

 いずれも暫定基準値(同200または500ベクレル)より大幅に厳しいものとなる。

 22日に開かれる同省の薬事・食品衛生審議会の放射性物質対策部会で提示。年内にも文部科学省の放射線審議会に諮問し、来年4月に新たな基準値を適用する。

>>共同通信

「一般食品」1キログラム当たり100ベクレル、
「牛乳」と新たに設ける「乳児用食品」が同50ベクレル、「飲料水」は同10ベクレル
いつまでも、このような数値では本当にバタバタと死んでしまいます。
乳児用食品が50ベクレル、この国で妊娠、子育てなど無理、歴史が証明するでしょう。

テーマ : 食品・食べ物・食生活 - ジャンル : ライフ


野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

2011.12.17 (Sat)

“死の灰”の放射線 世界初の確認

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル : ライフ


野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

タグ : You Tube 放射線 被爆 被曝


2011.12.17 (Sat)

これが福島原発の実態だ!東電現場からの告発

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル : ライフ


野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

タグ : You Tube 福島第一原発


2011.12.12 (Mon)

環境政務官の発言 『国が測ったのでは信用してもらえない』

放射性物質:環境政務官「国が測っても信用されない」

高山智司環境政務官は10日、静岡市内で記者会見し、東日本大震災で発生したがれきの放射線量の測定について「国が測ったのでは信用してもらえない。国も測っているが、その上で自治体にも測ってもらいたい」と発言した。

 これに対し、同席した大村慎一静岡県副知事は会見後、毎日新聞の取材に「国が『信用してもらえない』と言うのは、安全性の基準の根幹を揺るがす発言だ」と不快感をあらわにした。

 被災地のがれきを巡っては、国は安全性を確保されたものについて受け入れるよう、全国の自治体に要請。県は安全確保を徹底するため、受け入れの際には独自に放射線量の測定を行う方針を決めている。

 この日は記者会見に先立ち、県が自治体向け説明会を開き、こうした方針を説明。高山政務官は記者会見で国の姿勢について質問を受けた。

>>毎日新聞 20111210

この方はマトモ、公的機関測定と個人測定には差があり過ぎます。

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル : ライフ


野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

タグ : 環境政務官


2011.12.12 (Mon)

モニタリングポストより高く出ることに怯えた文科省が業者に強硬要求

線量計600台契約解除 文科省「精度低い」、業者反論

文部科学省は18日、福島県内の学校や公園で放射線量を計測する「オンライン線量計」を発注した業者との契約を解除したと発表した。測定精度が低く、結果の送信ができないなどのトラブルで納期が守られなかったためと説明している。

 この業者は東京都中野区の「アルファ通信」(豊田勝則社長)。朝日新聞の取材に「納入が遅れたのは文科省から大幅な仕様変更を求められたため。訴訟も検討する」と反論している。

 文科省によると、来年2月までに線量計を計2700台配備し、省のホームページでリアルタイムの測定結果を公表する計画。7月に最初の600台分の競争入札を実施し、参加5社のうち最安値だったアルファ社と約3億7千万円で契約した。

>>asahi.com 20111118


この後、こんな記事が。

テレビウォッチ 元木昌彦の深読み週刊誌

文科省「放射線量低く見せろ」要求応じず解約になったオンライン線量計

ここで週刊誌の話題から外れることをお許し頂きたい。
これを読んでいただいている読者の中には、
11月19日(土曜日)の朝刊で以下のような記事を目にした方もいるのではないだろうか。

「文部科学省は18日、福島県内の学校や公園で放射線量を計測する
『オンライン線量計』を発注した業者との契約を解除したと発表した。
測定精度が低く、結果の送信ができないなどのトラブルで納期が守られなかったためと説明している」(朝日新聞より)

東京新聞などは1面トップだった。
この業者というのは東京都中野区にある「アルファ通信」(豊田勝則社長)で、社長は私もよく知っている。

簡単に経緯を書くと、福島の学校などに600台の線量計を設置する工事を「アルファ通信」が落札し、
工事を始めたのが9月からだった。
線量計を入れるカプセルの仕様が突然変更されたり、台風などもあったことで
10月中旬の納期は双方了解して11月に延期した。次の納期は11月14日。
600台のうち480台までは設置が完了したが、100台と少しが残ったのは事実である。
文科省の契約解除の理由は納期遅れだけである。

しかし、文科省は会見で、
記事にもあるように「測定精度が低く」てと計数管にあたかも欠陥があったように話しているが、
これは事実とは異なる。
いちばん文科省が問題にしたのは、「アルファ通信」の使用している計数管がアメリカ製であることだった。
これはアメリで校正(検定のようなもの)をした国際標準の計数管である。

文科省がモニタリングポストなどで使っているのは、国内の日立系の会社の製品である。

いまでは知られるようになってきたが、文科省が発表している放射線量は、
モニタリングポストを高いところに据えたりして、市町村が発表している数値より低い。

子どもの背丈のところを測らないのでは意味がないという批判が巻き起こり、今回は地上50センチに設置することになった。
しかし数値がモニタリングポストより高く出ることに怯えた文科省は、
「アルファ通信」の線量計の数値が低く出るよう仕様変更することを強硬に要求してきたのである。

聞くところ、期限ギリギリになっても「アルファ通信」の技術者を丸一日缶詰にして、
アメリカ標準ではなくここは日本なのだから日本標準にせよとの一点張りで、聞く耳を持たず。
その結果、設置の仕事にも影響が出てしまったというのだ。

このことが指し示している最大の問題点は、
文科省が発表している放射能の線量は人為的に操作され、低く出るようにせよとメーカー側に要求し、
それを飲まなければ切るという理不尽とも思えるやり方をしていることである。

「アルファ通信」側はこうした問題を含めて、記者会見を開く意向である。
また、こうした官僚たちのいい分を、少しも検証することなく垂れ流す新聞にも猛省を促すつもりである。


元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか


何があっても、いつまでも安心な放射能、政府がこの姿勢を変えない限り続くことでしょう。

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル : ライフ


野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

タグ : 文部科学省 アルファ通信 モニタリングポスト


2011.12.11 (Sun)

ガッテン『再処理』絵でわかる六ヶ所プルトニウム工場 ホントの話

20111211

>>ガッテン『再処理』市民サイト

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル : ライフ


野菜の宅配・米・調味料・大豆食品・水道水で浄水・放射能フリー
風庵 野菜の個人宅配はこちら

タグ : 六ヶ所村 プルトニウム


 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。